第7回レスコン反省会

反省会第一弾(2007/8/17)

大会について

  • 最後まで改善しようと頑張っていた
  • ×準備・対応が常に遅く実行委員や審判にマイナスの印象
  • ×コントロール内の動きを直前になるまで決めていなかった
  • ×本選の道具管理がなってなかった

全体として

  • ×準備実験(実現できるか)を必要とする機構が多かった
  • ×回路はキレイに作りましょう
    • 空中配線は基本的にNG!

1号機

  • 駆動輪の間隔が狭く、きめ細かい動きが可能。操作性◎
  • ダミヤン救出機構の小型化に成功
  • ダミヤンへのダメージは小
  • ×自重が片方の駆動輪に偏り易く,坂をまっすぐ登れない
  • ×ガレキに弱い
  • ×製作に時間がかかった
  • ゚・*:.。. .。.:*・゜夢いっぱい゚・*:.。. .。.:*・゜

2号機

  • ×重くて坂が上がれない
  • ×ハンドのパワー不足
  • ハンドの旋回性
  • ×カメラのモーターを使えなかった
  • フロントバンパー
  • ×バンプカバーが必要なかった
    • 全機が乗り越えられた
  • ×回路は宇宙
  • ×ワイヤー駆動が重くなった

3号機

  • ×製作が遅かった
    • 練習不足
    • バルーンのテストがほとんどできなかった
  • 坂上った、バンプも超えた。駆動系おk
  • ×回路担当が消えた
  • ×バルーン破裂
  • ×並べるときハンドがじゃま

4号機

  • いちおう動いていた
  • ×暴走を直せるのが回路担当1人だけ
  • ×練習時間少ない
    • オペレータが暴走を直せるくらいになるべき
  • ×ハンド部分の操作がしにくい
  • ×ベッド・カメラの位置・取り付け方
  • 動きは速い。6輪はうまくいった
  • ×コード類が複雑。ギヤで噛んでしまう
  • ×回路の接触不良・断線が多かった

5号機&6号機

  • ×出れなかった
  • ×カラーリング注意

その他

  • 2007年回路

Last-modified: 2015-11-05 (木) 22:30:30 (1414d)