タイトル



メニュー上端
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニュー下端


メニュー上端
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニューアウトライン
メニュー下端
※上記リンクは、全て外部サイトへ移動します。

六甲おろしとは?

六甲おろしは、神戸大学で活動しているロボット研究会です。メンバーは主に、工学部の機械工学科と情報知能工学科の1〜3回生で構成されています。

毎週一回のミーティングとロボット製作において、大学で学んだ内容を実践したり、先輩後輩間で意見交流を行ったりすることで、お互いの技術と知識の向上に取り組んでいます。

また、他のサークルと同じように、学祭への参加や飲み会なども行っており、皆で楽しく活動しています。

写真1写真2


活動内容

大学内にある「工作技術センター」にて、放課後など大学生活の空き時間にロボット製作を行い、毎年7〜8月に神戸で開催される「レスキューロボットコンテスト」に出場しています。

ロボットは、一年で3〜4台制作し、それぞれ設計から制作まで、全て自分達の手で行っています。

また、製作したロボットは、毎年11月にある神戸大学の学祭「六甲祭」や、オープンキャンパスにて展示しています。

写真3写真4


レスキューロボットコンテストとは?

「レスキューロボットコンテスト」は、大規模災害における、ロボットによる救助活動を題材にしたコンテストです。

災害現場を模した1/6スケールのフィールド上で、瓦礫の下に居るダミー人形をロボットを用いて救助します。

競技では、製作したロボットを遠隔操縦し、ダミー人形をいかに早く、そして優しく救助できるかを競います。

詳しくは、「レスキューロボットコンテスト」のホームページ(外部サイト)をご覧下さい。


★このホームページは、InternetExplorer9、FireFox10、Google Chrome17、Lunascape6.6にて正常に表示されます。
★各ページへのリンクはご自由にして頂いて構いませんが、内容は予告無く変更・消去される可能性があります。
Copyright (C) 2012 Rokko-Oroshi(KAWAKAMI_Hiroyuki) All Rights Reserved.