六甲おろしブログ

神戸大学ロボット研究会六甲おろしのブログです

AVRwriter

こんばんはー
昨日は麻雀とDIVAとともに一夜を明かした村松です
普段以上に頭の動かないぽーっとした1日でしたが、いつの間にか日付を超えてしまいました、ごめんなさい

今日はサークル全体の活動ではなく回路班SPにて個人的に製作、というか研究、というか調べ物をしているAVRwriterについてちょろっと報告したいと思います

私たち回路班は主にAtmel社の8ビット・マイクロコントローラAVRを用いてちまちまと作業をしているのですが、
そのAVRの開発を行うためには、まずプログラムをマイコンに書き込むためのライターが必要になるわけです

私たちが普段使用しているライターはこちら

IMG_0091















(touchの画質なんて所詮こんなもんです…)

ISP使用を対象にしたシリアルタイプのプログラマです
ここでいうISPとは、マイコンを回路中に組み込んだまま書き込みを行う(In Circuit Programming)方法、です

そして今回製作できそうなライターについていろいろと調べてみた中で、一番気になったのがHIDaspx
これはATtiny2313だけで構成するUSB接続のライターで、ドライバのインストールが不要なタイプらしいです

ほかにもHPから特徴を抜粋させてもらうと…
・ISPコネクタを抜き差しすることなく開発可能
・製作コストが低い
・USB-IOとしても利用できる
などなど

※こちらを参考にさせていただきました
http://www-ice.yamagata-cit.ac.jp/ken/senshu/sitedev/index.php?AVR%2FHIDaspx

また時間をかけて調べていきたいと思いますので、今日はこの辺で
明日はおそらく河上君でーす

Updated: 2011年5月18日 — 1:50 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

六甲おろしブログ © 2015 Frontier Theme