六甲おろしブログ

神戸大学ロボット研究会六甲おろしのブログです

MSP430 LaunchPad

院試。院試。院試。因子。フラグ。

鬱度が上昇し続けております柏本です。

今年のレスコンは(株)東京エレクトロン様にご協賛頂いており,回路屋としては頭が上がらない思いですが,東京エレクトロン様より何とMSP430 LaunchPadをしかも2台頂いたので気分転換にいじってみました。

CIMG0140

このLaunchPad自身はマイコン初心者向けのスタータキットで,Sparkfunや国内だとStrawberry Linuxなどで売られているのですが,何と言っても安いのが特徴で国内では¥600前後で流通しています。その上で以下の様な仕様です。

  • USBでの書き込み・デバッグ回路が搭載
  • 簡単なLED出力・スイッチ入力回路が載せられている
  • 英語ながらwikiがあって情報を集めやすい
  • 付属してるマイコン(MSP430G2211,MSP430G2231)でGPIOからADCやUSI等の機能を一通り試せる
  • コードサイズ制限付きながらも統合開発環境(IDE)やサンプルコードが無償でもらえる

とまあ一昔前では考えられない機能付きで¥600なのですから驚きです。しかもTIのマイコン自身は意外と産業分野でも使われており,某所の試作機にもひょっこり載っていたりして驚かされます。

あまり遊びすぎてもアレ(笑)なので,今回は簡単なLEDの点滅プログラムを書いてみました。

//////////////////////////////////////////////////////////////

#include <msp430g2231.h>

void main(void)
{
P1DIR |= 0x01;
while(1)
{
for(int i = 0; i < 0x19; i++)
for(int j = 0; j < 0xff; j++);
P1OUT ^= 0x01;
}
}

//////////////////////////////////////////////////////////////

CIMG0141

光らせるとこんな感じです。とまあ画像なので点滅している様子は分かりにくいですが。

コードの書き方もAVRのコードを書いたことがあればそんなに違和感なく書けると思うので,興味のある方は一度使ってみてはいかがでしょうか?

さて次は最初にもどって柏木、よろしく~

Updated: 2011年7月1日 — 12:33 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

六甲おろしブログ © 2015 Frontier Theme